ステータス性重視!持っているとかっこいい人気クレジットカードランキング【2017年最新版】

持ってるとかっこいい!高ステータスクレジットカードランキング

クレジットカードを選ぶ際に気になるのが、年会費ももちろんですがステータス性。

 

ステータス性を重視してカードを選んでいるという方も少なくはありません。

 

ステータス性があるといわれるクレジットカードでも、以前ほどのステータス性はないと言われていますが

  • 一度は高ステータスのカードを持ってみたい
  • コンシェルジュサービスを受けてみたい

など、人によって様々な理由がありますが、目標や憧れを抱き、ステータスカードがほしいと思っている方が多いようです。

 

しかし最近では年会費無料や低年会費でゴールドカードを持つことができるようになっているので、ゴールドカードでもステータス性があるものとそうでないものがあるようです。

 

今回はクレジットカードをステータス別ランキング形式でご紹介していきます。

 

高ステータスのクレジットカードをお求めの方、自分が使っているクレジットカードのステータスはどうなのか知りたい方、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

最上級ステータスカード

高ステータスクレジットカードランキング上位は

 

簡単には手にすることができない、最上級ステータスカードがこちら

 

これらのカードをお持ちの方は、一般庶民ではなく、間違いなく裕福層の方たちです。

 

アメックス センチュリオンカード

アメックスセンチュリオンカード

現在発行されているクレジットカードの中でも最上位ランクのクレジットカードといえば、アメックスのセンチュリオンカード(通称ブラックカード)

 

ブラックカードを持てるのはアメックス利用者のほんのわずかな方のみ。

 

年会費や入会金が高いですが、センチュリオンカードのインビテーションを受け取れるくらいですから、このカードを使いこなせる方の年収は相当かと思います。

 

【会員サービス】
コンシェルジュサービス
お誕生日プレゼント
会報誌
メンバーシップ・リワーズ・ポイントの有効期限が無期限に
特定の店舗で事前連絡により閉店後のショッピングが楽しめる

 

年会費:37万8000円(入会金として54万円が別途必要)
入手方法:招待制

ダイナースクラブ プレミアムカード

ダイナースクラブプレミアムカード

アメックス センチュリオンカードと並ぶ高ステータスのクレジットカードといえば、ダイナースクラブのプレミアムカード。
3
センチュリオンカードよりも保有者が多く、年会費は13万円+税という点から、センチュリオンカードよりも1ランク下のブラックカードという印象が強いです。

 

ダイナースクラブブランドは、VISAやJCBと比較すると利用できる店舗が多少少ないといった利便性では劣る点があるものの、付帯サービスの質の高さやコンシェルジュサービスの対応の良さなど他のカードにはない魅力があります。

 

【会員サービス】
コンシェルジュサービス
料亭プラン
ダイナースクラブプレミアム エグゼクティブダイニング
メディカル・コンサルテーション
スポーツクラブ優待割引
ポイントプログラム
付帯保険・補償

 

年会費:13万円+税
入手方法:招待制

SBI ワールドマスターカード

SBIワールドマスターカード

SBIワールドマスターカードは、SBIカードの中でも最高ランクのクレジットカード、他社でいうブラックカードの位置づけとなります。

 

国際ブランドはMastercardのみ、年会費は15万円+税と高額ですが、カード自体にダイアモンドが練りこまれた高級感あふれる券面となっています。

 

【会員サービス】
ラウンジ・キー(自動付帯)
Taste of Premium
コンシェルジュサービス
ポイントの還元率アップ
オンラインチェック
マルチバンクシステム

 

年会費:13万円+税
入手方法:招待制

 

 

中級ステータスカード

高ステータスクレジットカードランキング

 

次に中級ステータスカードをご紹介します。
中級といっても一般カードと比べるとステータス性も高く、そんなに年収があるというわけではないという方でも持つことができるkカードです。

 

SURUGA VISAインフィニット

surugaインフィニット

スルガ銀行が発行しているブラックカードで国際ブランドはVISAになります。

 

現在、VISAのブラックカードを発行しているのはこのカードだけ。

 

スルガ銀行の公式サイトでは、SURUGA VISAインフィニットの案内が掲載されておりませんが、巷ではスルガ銀行の大口顧客向けのクレジットカードと言われており、住宅ローンや不動産投資などスルガ銀行での取引実績が必要なようです。

 

【会員サービス】
コンシェルジュサービス
プレステージ会員のプライオリティパス付帯
グルメ・ホテル・旅館優待
預金やキャッシングの金利優遇サービス

 

年会費:12万円+税
入手方法:スルガ銀行との取引実績が必要

JCB THE CLASS

jcbtheclass

JCBでのブラックカードといえばこちら。

 

正直、他のカードと比べるとポイントが貯まりやすいというわけではありませんし、付帯している保険などもJCBゴールドとそれほど変わらないようです。

 

年会費:5万円+税
入手方法:招待制

 

アメックスプラチナカード

アメックスプラチナ

アメックスのプラチナカードは現在発行されているプラチナカードの中でも年会費の高さがトップレベル。
しかし、裕福層の中では人気が高く、国内での利用はもちろん、海外での利用も便利。
コンシェルジュの対応が素晴らしく、会員に対する気遣いが感じられます。

 

年会費:13万円+税
入手方法:招待制

 

 

持っているとかっこいい!ステータスカード

高ステータスクレジットカードランキング

一般的にステータスカードと呼ばれるのが、これからご紹介するカードです。

 

目上の方との食事やデートの時など、どんなシーンで出しても恥ずかしくなく、ステータスを感じさせてくれます。

 

JCB ゴールド ザ・プレミア

JCBゴールド ザ・プレミア

JCBゴールドを愛用している方の中で一定の条件を満たした方にだけ招待が届くJCB ゴールド ザ・プレミアはJCBゴールドのサービスに加えより充実したサービスが追加された1ランク上のゴールドカード。

 

限定デザインの券面も魅力的です。
招待が届く条件が公式サイトに記載されています。

 

年会費はJCBゴールド分の1万円に加え、ゴールド ザ・プレミア分5000円を加えた15000円必要。
年間100万円以上のショッピング利用でゴールド ザ・プレミア分が無料となります。

 

年会費:15000円(年間100万円以上のショッピング利用でプレミア分の年会費無料)
入手方法:招待制

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブ

ゴールドカードではありませんが、他社のゴールドカードを上回る特典とステータス性があるクレジットカードです。
利用額に制限がなく、優待サービスも種類豊富。

しかし審査基準が厳しいことで有名で公式サイトには27歳以上の方と記載されていますが、年収や職業によっては審査に通らないことがあるようです。

 

年会費:22000円+税
入手方法:申し込み

アメックス ゴールドカード

アメックスゴールド

ゴールドカードの代表といっても過言ではない、アメックスゴールド。
ステータス性が高く、憧れている方も多いですね。

 

家族カードの年会費が1枚分無料、レストラン優待やゴールドカード会員限定のイベントもあり、所有するメリットはたくさんあります。

 

年会費:29000円+税
入手方法:申し込み

 

 

 

 

ステータス性別クレジットカードランキングのまとめ

高ステータスクレジットカードランキングまとめ

いかがでしたか。

 

今回ご紹介したカードを改めて、ステータス順で並べてみます。

  1. アメックスセンチュリオンカード
  2. ダイナースクラブ プレミアムカード
  3. SBI ワールドマスターカード
  4. SURUGA VISAインフィニット
  5. JCB THE CLASS
  6. アメックスプラチナカード
  7. JCB ゴールド ザ・プレミア
  8. ダイナースクラブカード
  9. アメックスゴールドカード

 

上位のクレジットカードは、私のような一般庶民ではなかなか手が届きませんがアメックスゴールドやダイナースクラブカードあたりですと、年収や職業によっては手にすることができるようです。

 

こういったステータスカードを出してスマートにお会計を済ます男性ってとてもかっこいいですよね。

 

それだけのカードを持てる年収や余裕がある、という点もですが、それを使いこなす姿も魅力的です。

 

あなたもぜひ、これらのステータスカード保有を目指して頑張ってくださいね。

 

以上、ステータス重視のクレジットカードランキングでした。