カードローンの整理は代表的な方法

住宅ローンやカーローンを組む際には、返済能力をみる審査があります。

 

この審査では毎月の収入、および現在の借金の額などからいくらまでローンを設定できるのかを決定します。

 

ローンの審査を受ける時点で収入の額はどうしようもありませんが、借金についてはある程度整理できるので金利や融資額を有利な条件に引き上げることができます。

 

例えば、カードローンの整理はその代表的な方法です。

 

カードローンは限度額が設定されており、その限度額までならいつでもお金を引き出せる仕組みになっています。

 

いつでもお金を引き出せるという性質上、金融機関が実際の借入額を把握しきれないという一面があり、他の借り入れとは違う扱いをカードローンは受けます。

 

ほかの借り入れであれば、実際に借り入れている額が合計されて現在の借金とカウントされるのですが、カードローンの場合は、実際に借り入れている額ではなく限度額がそのまま加算されます。

 

つまり、100万円のカードローンのカードを持っているだけで借りてもいないのに100万円借りているのだと判定されてしまうわけです。

 

ローン審査でこのことを指摘されることもあり、必要ないカードのキャッシング枠は解約するようにアドバイスしてもらえることもあります。

 

楽天カードに入会キャンペーンで10000ポイントゲット